病院

不摂生な生活は危険だらけ|糖尿病の症状が出る前に改善しよう!

血液浄化の交通手段の課題

男女

血液浄化の概要と交通手段

血液浄化とは、何らかの疾患で重篤な腎臓機能不全になった状態で、血液透析をする行為です。血液透析とは、1週間で2〜3回、3〜4時間かけて病院で実施します。内シャントからダイアライザーに血液を出し、血液をろ過します。そのろ過された血液を再度身体に入れる作業を行い、身体の老廃物を取り除きます。この血液透析は、一度導入すると、途中で中止することは基本的にできません。よほど血液透析が身体にデメリットがあるなどの理由がなければ、辞めることもできません。そのため、一度導入してすると、高齢になっても定期的に通院しなければならないという状況になります。自身で運転や公共交通機関などで通院できるうちはいいですが、それが困難になると通院という、大きな課題になります。

交通手段のサービス

透析の通院が自身でできなくなると、家族やサービスが送迎の支援をしなければなりません。家族がいれば、送迎支援は可能ですが、その家族が就労・健康状態などの問題が生じると、支援ができなくなります。その場合は、介護サービスで送迎を支援してもらう必要があります。一般的には、自費サービスを利用する方法と、介護保険サービスを利用する方法の、2通りあります。自費サービスで送迎支援を受ける場合とは、NPO法人や介護タクシーを自費で利用する方法です。それなりの金銭的課題が生じる課題があります。一方の介護タクシーは、要介護1以上の要介護認定を受けた者が、受けられるサービスです。自費のサービス利用と比較しても、非常に利用料が安くなり、患者自身の負担が軽くなります。透析の送迎サービスを受ける際には、自身がどのサービスを利用できそうか、病院のソーシャルワーカーなどの専門家と、相談して見極める必要があります。